多治見・常滑・瀬戸研修旅行

★1日1クリックして応援お願いします→人気ブログランキングへ
豊福誠教授とご一緒に日本陶磁芸術学会主催の研修旅行へ行きました。
e0048688_12344889.jpg

2月24日、上野より富士山を見ながら東名を走り多治見へ
e0048688_12353240.jpg

志野で有名な鈴木蔵さんにお話を伺い
e0048688_12355529.jpg

e0048688_12362596.jpg

志野を焼成するための厚~い壁の窯を拝見
e0048688_12372731.jpg

次は、ラスター彩の加藤幸衛窯へ
e0048688_12375868.jpg

美術館にはコレクションされたラスター彩も展示されています。
e0048688_12385421.jpg

ラスターを焼成する窯は後方左手です。
e0048688_12393134.jpg

一日目の最後は加藤作助さんの工房見学
e0048688_1241156.jpg

代表的な織部の器
e0048688_12413972.jpg

芸大陶芸研究室一期生の卒業制作もありました。
e0048688_1242072.jpg

石油窯などに加え、今は珍しい石炭窯があります。

2日目は常滑の四代山田常山、練込のドロシー・ファイブルマン・・・
3日目はノリタケの森や愛知県陶磁資料館を見学

いつものように盛りだくさんの内容で、
頭とお腹がいっぱいになった研修旅行でした。
by hirohiroart | 2012-03-20 13:19 | エクセレント
<< 2012有田上絵付作品展 2012世界 らん展開幕 >>